1ヶ月間のインド出張についてのインタビュー:Dung氏

07-10-2019

1ヶ月間のインド出張についてのインタビュー:Dung氏

2019年9月末、BAPメンバーのDung氏はオンサイト作業のためインドに出向きました。数日前、彼にオンラインでインタビューを実施しました。

BAPリポーター:

こんにちは、Dungさん。インドでどのような仕事をしているか教えていただけますか。

Dung氏:

はい。私はインドとの共同製作として、1ヶ月間のプロジェクトに参加しています。

BAPリポーター:

数日間インドに滞在して、どのように感じますか?環境、働き方などベトナムとの違いはありますか?

Dung氏:

はい。まずインドは面積が大きいのでより多くのIT企業があり、そこで働いる人々はプロフェッショナルです。IT市場は競争に溢れています。人々はとてもフレンドリーで、彼らは母国語のように英語を話します。彼らは各国のプロジェクトに対応して作業スキームを使い分けています。例えば、アメリカのプロジェクトの作業は午後2時から午後10時まで、日本のプロジェクトの作業は午前6時から午後4時までです。それ以上に、同社は強力な労働力を持ち、アメリカ、中東、ヨーロッパ、アジアなど世界中に多くの支社を構えています。

現在は秋なので、それほど暑くありません。食べ物は基本的にカレーです。同じものを食べ続けるのは難しいので、 アジア料理と西洋料理の両方を備えたホテルを選択すると良いでしょう。インドの伝統料理はとてもスパイシーで、濃厚なカレー風味です。ホテルや職場で飲む飲料水は問題ありませんが、屋外ではお勧めしません。 交通の面では、ラッシュ時に警察官がいないため、交通渋滞が頻繁に起こります。 この問題の理由は、警察官に給料を支払うのに十分な予算がないことです。 さらに、政府には汚職が存在し、道路の整備が整っていません。

BAPリポーター:

現在、オンサイトはトレンドです。外国で生活するためのコツを教えてください。

Dung氏:

海外でのオンサイトに出向く際、多くの準備が必要です。 まず、出張先で何も食べられない場合に備えて、インスタントラーメンを用意する必要があります。 航空券を注意深く確認して、乗り継ぎがどこにあるかを確認します。 空港到着後、タクシーまたはバスを予約して市街地に行くことができます。 agodaまたはTripadvisorのようなサイトを通じてホテルを予約できます。 特に、手荷物は慎重に管理する必要があります。 滞在先でのコミュニケーションも重要です。 googleを便利なツールとして活用しましょう。 初めは、英語での丁寧なコミュニケーションを心掛ける必要があります。

海外で働く際、最初に必要とされるのは英語です。多くのグローバルプロジェクトで働くことにより、英語力を向上させることができます。 また、働き方に慣れるために、その国の文化を理解する必要があります。快適な滞在先を選択することも重要です。 職場が近く、設備が充実している場所が良いでしょう。 交通に関するアドバイスとして、アジア諸国ではGrabを使用できますが、インドではタクシーを予約するのが難しいので、空港のタクシーをリクエストする必要がありました。多くの国では公共交通機関を使用できます。

BAPリポーター:

BAPのインド進出の可能性についてどう考えますか?

Dung氏:

インドは、ITサービスとアウトソーシングの最大の市場です。 ITエンジニアの数は数億人です。 特にSAPの分野では、1500万人以上のSAPコンサルタントが存在し、ジュニア、シニア、アーキテクチャなど多くのレベルがあります。 これにより、SAPに関するプロジェクトがある場合、BAPにも協力する機会が与えられると思います。 BAPはインドで労働者を雇うことができます。 将来的には、BAPはリソースに簡単にアクセスできるように、インドにオフィスを構えるという選択肢もあります。 雇用のコストは、ヨーロッパやアメリカのエキスパートを雇うのに比べて高くありません。

BAPリポーター:

タビューにお答えいただきありがとうございました!インドで良い時間を過ごしてくださいね?

Dung氏:

こちらこそ。本日はありがとうございました。

関連記事

ベトナム 女性の日
23-10-2019

ベトナム 女性の日

10月18日、BAPではベトナムの女性の日を祝してパーティーが開かれました。 早朝に女性へのプレゼントが用意されました。 オープニングパフォーマンスとして、Nhan氏からBAPの女性社員へ歌のプレゼント「Sáng mắt chưa」が贈られました。 次に、取締役を代表してDong氏によるスピーチが行われました。 BAPの女性社員のモットーは、「寛大で、思慮深く、賢くあれ」です。パーティーの醍醐味は、女性によるTechMakerトークセッションです。このセッションは、BAP女性社員の交流を増やし、スキルを向上させることを目的としています。彼女たちは自信をもって、人生の見解と新たな視点をメンバー全 ...

VIETNAM SUMMIT IN JAPAN 2019
02-10-2019

VIETNAM SUMMIT IN JAPAN 2019

ベトナムサミットは日本を拠点としてるベトナムの知識人や学者が集まる大規模な会議です。専門家や科学者、政治家、政策立案者、起業家など各分野のスペシャリストの知識を集結させることを目標に、日本やベトナム全土で優れたベトナム人コミュニティを構築し、それを発展させるための方法について討論します。この会議では、政策から人事、技術開発戦略まで、ベトナムの技術に関するトピックに焦点を当てています。 VIETNAM SUMMIT 2019 のテーマ ベトナムは21世紀に世界的な「成長の柱」となる4つの好条件を備えています: インターネットオブシングス(IoT)や人工知能(AI)、ロボテック、ビックデータなどを ...

ベトナムフィンテックスタートアップリスト2019にBAPのブロックチェーン、暗号通貨事業が掲載されました。
02-10-2019

ベトナムフィンテックスタートアップリスト2019にBAPのブロックチェーン、暗号通貨事業が掲載されました。

ミドルクラス人材の増加、インターネットの普及、そして若くて技術に精通した1億人近くの人々。ベトナムは主要なフィンテック市場に成長するためのすべての要素を備えています。 過去数年の間に、ベトナムフィンテックスタートアップエコシステムは著しい成長を目の当たりにしており、現在ではデジタル決済やオルタナティブファイナンス、ブロックチェーンに至るまで、幅広いサービスを提供する約120の企業とブランドの本拠地となっています。 こちらは、新しく公開されたベトナムビンテックスタートアップマップです。このマップでは、ベトナムで成長を続けるフィンテックを見ることができます。 このマップに弊社はブロックチェーン/暗 ...